• 記事: 30980
  • 質問に対する回答: 25526
  • コメント: 21376
  • 準備ができて答え: 21590

ウンキウ改級艦尾

ウンキウ改級艦尾 FF14 ERIONES - エリオネス #4 超兵器艦娘 第四話「撃墜王と爆撃王」 | 超兵器艦娘 - ピザの小説シリーズ - pixiv

ウンキウ改級艦尾

ウンキウ改級艦尾,FF14 ERIONES -エリオネス- は、FINAL FANTASY XIVのデータベース情報サイトです。xiv database 戦闘艦橋にて指揮をおこなっているル級は付近にて仕事をしている妖精(艦娘側の妖精と違って黒い)に檄を飛ばしている副長の姿を眺めていた。 「ファイア!ファイア!ファイア!撃チマクレ!島ゴトジャップを吹キ飛バセ!」 張りのある声で副長が吼える。双眼鏡で弾着の観測をしている彼はガッデムと叫んぶと、まるで怒鳴ってるかのようにタ級へと向かっていった。 「艦長ダメデス!奴ラ殆ド弾ヲ当テラレテイマセン!!」 副長がイラついた声でタ級に訴えかけた。 彼の指し示す先には友軍の戦艦がいる 「ショウガナイダロ…、奴ラハ普通ノ、マダ産マレタバカリノ〈ル〉級ヤ〈タ〉級ナンダ、私達ト比ベタライケナイヨ」 タ級は透けるように白い口元に笑いを浮かべ、副長に言葉を返した。 「モウ少シ近ヅイテ撃テレバ良イノデスガ」 「ソウシタラ〝アァ〟ナルゾ」 ル級はある一点を顎でさした そこには座礁し、横転している一隻の〈リ〉級重巡がいた 「マサカアソコマデ浅イトハナ…」 「ソレデ無理シテ砲撃スルカラアンナ無様ナ姿ヲ晒スンダ、タク…ドウヤッテアノ雷巡ハアソコマデ辿リ着イタンデショウ。」 「ダイブ運ガ良イノダロウナ。マァ、一四五○○ノ距離シカ無インダ、ソノウチ当タルヨ」 ル級はそう言うと艦長用の座席に深く腰掛けた。 その時、一人の電話員が駆け寄って来た。 「ドウシタ?」 「サーモン艦隊カラノ通信デス。ワレ敵艦隊ト接敵セリ、コレヨリ戦闘ニ入ル」 「チッ…オイ、了解シタト返セ。ソレト周リノ艦ニ伝エロ。全艦戦闘準備、空母ハ更ニ索敵ヲ厳ニセヨ…トナ」 「アイ!」 電話員が走り去って行く、隣で聞いていた副長は少し不思議そうな顔をしてル級に尋ねた 「ドウシテ我々モ準備スルンデス?」 「オヤ?ドウシタンダ副長?」 ル級は、命令が伝達されたのか既に砲撃を止めている艦首側を見た。彼女は何か小さい頃の自分の失敗談を語るような口調で喋り始めた 「奴ラハ速イ。アッチハ多分別働隊ダロウガ、ドウセ本隊モスグニクルヨ。アノ日ノ事ヲ思イ出シテミロ。沖ノ島デノアノ屈辱ヲナ…」 彼女は視線の先、〈ル〉級戦艦の艦首を眺めた。 そこにはこの艦が歴戦の強者である事を示す掠れた黄色いペイントがされていた。 「〈蒼龍〉より信号、ワレ敵艦隊ヲ捕捉セリ。コレヨリ攻撃ヲ行ウ。」 「応答信号」陸奥は短く命じた。そして近くにいた副長に尋ねる 「敵艦隊の距離は?」 「〈蒼龍〉から送られてきたモノを見る限り一九六○○○というところですかな」 「ふむ、まだ遠いわね…。」 陸奥が一瞬の間だけ、何かを考えると決断した。 「全艦艇に信号。第四艦隊は空母達の護衛。第二、第三艦隊及び第二、第三水雷戦隊は敵の懐へ飛び込んで攻撃、第三戦隊、第四戦隊は私の指揮下に入りなさい。最大戦速で敵艦隊に突っ込むわよ。」 「は!」 空母、そして第四艦隊以外の艦艇が敵艦隊の方へと針路を変更した 「さて…予定通りの位置で捕まえる事ができたわね」 陸奥が手持ちの海図を眺めながら副長に話しかけた 「えぇ、しかもこちらが先に奴さん達を見つける事ができました」 「本当、ラッキーね」 「どうやら数もこちらが優っているようです。このまま押しつぶしましょう。」 副長が心底楽しそうに語りかけてくる。まぁその気持ちはわかる、なぜなら我々はこれまで深海凄艦との戦いで数で優った事が無かったのだから。 提督は、何故かいつも出撃する艦を六隻で固定している。彼曰く「俺の裁量じゃあ六隻くらいまでしか上手く指揮出来ない」かららしい。確かに一度七隻で出撃した時は酷い指揮で、まともに進む事も出来なかった憶えがある。 実を言うと今回のこの艦隊も。航行にはだいぶ苦労しており、予定通りの場所で相手を発見できたのは奇跡に近かった。 どうやら陸奥が考えていた事と同じような事を副長も考えていたらしい。彼が一つの疑問を投げかけて来た 「しかしどういう事なんでしょうなぁ。七隻以上の艦が同じ海域にいくとこうも指揮が乱れるのは…」 「まぁここは異世界だからね、多分なんらかの理由があるのよ…多分ね」 「少し適当すぎじゃあありませんかねぇ…」 「戦闘前にそんな事グチャグチャ考えても仕方ないわよ。さ、目の前の仕事に集中しなさい」 「了解」 そう言うと副長は帽子を深めに被り仕事に戻った 「航空部隊が攻撃をはじめたようです。」 「了解、空母を中心にお願いね。」 「敵戦艦部隊こちらに向けて突進中。このまま行けば八十分後には砲撃戦を開始できると思います」 「総員戦闘配置、砲門も開けときなさい。」 「〈比叡〉より入電、我レ、敵機ヲ大量ニ捕捉シツツアリ」 「対空戦闘及び主砲発射準備、弾種三式。作動は…そうね、十五秒ってところでどうだと思う?」 「えぇ、良いと思います。」 「じゃあそれでお願い。他の艦にも伝えておいて」 「こちらの電探も敵航空機を発見しました。」 「右舷見張り員から通信、ワレ敵機ヲ発見セリ」 「ブザー鳴らすわよぉ!」 陸奥の甲板に主砲発射を知らせるブザーが鳴り響く。四つの主砲も同時にその敵機の方へと砲門を向けた。 「〈比叡〉、〈霧島〉、〈衣笠〉……〈熊野〉も準備完了しました。旗艦の発砲を合図に砲撃開始します」 「よろしい。さて…」 陸奥が副長から渡された双眼鏡を手に取り敵編隊の様子をじっと見つめる。 もう少し…もう少し近づいて来なさい………………五…四…三…二………今ッ 「全門斉射ッ!」 陸奥の叫びにも似た声と同時に〈陸奥〉の八門の砲身が砲弾の相互干渉を緩和する為にほんの少しだけ発砲間隔を開けて次々と火を吐いた。それを合図に後方の〈比叡〉以下三隻も砲撃を開始する。 殆どの砲弾は編隊から外れたところに向かったり海面に落ちたり、逆に大きく飛び越えてしまったのもいた。 しかし〈陸奥〉の第三砲塔から放たれた二発の三式弾は見事に敵編隊のど真ん中に、約8m程の間隔を開けて突入した。その他にも三発程が敵編隊へと向かっていってる。 そして時間が来た 砲弾の時限装置が作動し、ほぼ同時に空中を飛翔していた三式弾が炸裂し、空中に無数の焼夷弾子をばら撒いた。 敵編隊の中でもその巨大な花火は巻き起こった。ある者は燃え、ある者は砕け、ある者は仲間とぶつかるなどして、どうやら八割以上の航空機に何かしらのダメージを与えたようだ 「たぁーまやー」 その戦果を見た陸奥が楽しそうに呟く。観測員からの報告によるとどうやら二十機の敵編隊の内、九機を撃墜し五機に何らかの損傷を与えたようだ。 「これなら対空機銃と高角砲のまで撃ち落せますな」 「知ってる?航空機を一機撃墜するにはレーダー管制でも対空砲弾が四千発はいるらしいわよ? 「その計算は高々度を飛行中の爆撃機の撃墜するときのものでは?」 「あら、そうだったかしら」 「確かそうだった筈ですよ。まぁうちの将兵達だったら三千発も撃つ前に奴らを叩き落とせる筈ですよ。」 副長が余裕そうに言った。 陸奥はまた艦長席に深く腰掛けた。しかし面白いものだ。殆ど戦闘もできずに呉で爆沈した私が似たような別世界で元気に主砲を撃っているのだ。それも私が沈んだ理由とされていた三式弾をだ。 そんな事を考えている内に満身創痍の敵編隊に直掩機が襲いかかる。どうやら〈陸奥〉達は対空戦闘をしなくてもすみそうであった。 [newpage] 「おおい!そろそろ防空壕に戻れ!」 「あぁ待て!…しかし奴ら、なんでいきなり砲撃を止めたんだ…?」 提督は、既にボロボロになった〈木曾〉の艦橋の上で水平線の向こうにいる敵艦隊の様子を眺めていた。 先程まで絶え間無く撃ち続けていた敵艦達は沈黙しており。こちらに砲撃を与えてくる様子は無い 「まさか…あいつらが来たのか?」 「おい!早く降りろ!飛行機はまだまだ俺達の上を飛んでるんだぞ!」 「わかったよっと…」 艦橋から降り提督はそのまま梯子を伝って木曾の待つ砂浜へと降りた 「もしかしたらそろそろ助けが来るかも知れんぞ」 提督がウキウキと木曾の元に駆け寄った。やれやれと言った雰囲気で彼女はそれを迎える 突然、木曾の表情が変わった 「あ?どうし…」 「伏せろッ!」 木曾が提督を押し倒し、そのまま覆い被るように伏せた。次の瞬間先程まで木曾達がいた場所から五mも離れていないところにいくつもの銃弾が着弾する。 「な、なんだ⁉」 「深海凄艦の艦載機だ!畜生あの野郎雲の上から突撃してきやがった!」 一度目の突入に失敗した航空機は再び上空へと舞い戻り、ゆっくりと旋回し始める 「走れ提督!あいつはロケットも載せてる!」 「お、おう!」 木曾が、背中に煙突や主砲を背負ってるとは思えない速さで走り始めた、提督も急いでそれを追いかける。 「走れ!走れ!後ろを振り向くな!まだ間に合う!防空壕に飛び込め!」 「わかって…アッ⁉」 次の瞬間、砂に足を取られた提督がそのまま綺麗なヘッドスライディングを決めた 「おい!大丈夫かッ⁉」 「足首を挫きましたァーー!!」 「アホォーーー!!!」 木曾は再び空を睨みつけた。既に旋回を終えた航空機がこちらへ突入してこようとしている 「畜生…そこから動くなよッ!」 木曾は提督を飛び越え敵機の射線上に踊り出ると。肩に背負う14㎝単装砲(実際の口径は30mm程度)に仰角を目一杯かけると。咆哮と共に連射し始めた。 どうやら腕は悪いが根性はあるらしい。木曾からの対空放火に晒されたこの機体は各所から火を吐き、翼を折りながらも突っ込んできた 「このォ…落ちろッ!!!」 一発の機銃弾がコックピットに飛び込んだ。パッと血の華が咲き、航空機の針路がずれる。 それから数秒後、もはや燃える鉄屑となった敵機は木曾達のいる場所から三十m程後方に墜落、爆散した 「し、死ぬかと思った…」 いまだに立ち上がる事の出来ない提督がボソリと呟いた。木曾はそんな提督に無言で手を差し出した。 提督はその手をとり、よいしょという掛け声と共に立ち上がる 「歩けるか?」 「あぁ大丈夫。…すまんな、助けてもらって」 「礼なんか言う必要は無い。お前の秘書艦として当然の事をしたまでだ」 「ヒュー…かっくいい!」 木曾がマントをひらめかせながら再び歩き始めた、その後ろ姿はまるでアメリカンコミックのヒーローのように絵になる 提督も立ち上がりその後ろ姿についていこうとした…

Seori Mimeguri 日記「サブマリンボイジャー「改パーツ」必要素材 & 能力上昇値比較 まとめ ~これ売ればギル... PT Intipesan Penyelenggara Seminar, Training, Outbond & EO

ウンキウ改級艦尾

ウンキウ改級艦尾 (探15⇒20 / 収0⇒5 / 速30⇒35 / 距40⇒45 / 運25⇒35)+30 ハイミスライントインゴット 12 コバルトフィッティング 30 ウォルフラムインゴット 9 オーラムレギスインゴット 18 ゴールドインゴット 30 そのときだった。いきなり島の内側からか爆発音がする 急いで身を伏せた二人が周りを確認する 「な、なんだ⁉砲撃を再開したのか⁉」 「いや…音は一つだけだ、多分奴らの不発弾か何かが爆発したんだろう」 「なら良いんだが…ん?」 提督が身体についていた砂を落としていると何やら防空壕の方が騒がしい事に気づく。 「どうしたんだ?」 「さぁな、とりあえず戻って見てみるぞ」 「だな」 木曾と提督はそのまゆっくりと妖精達の待つ防空壕の中へと戻っていた 〈瑞鶴〉艦内の食堂では瑞鶴飛行隊長の中佐が何かを躊躇うように右往左往していた 「話しかけるべきか…やめておくべきか…いや、出撃する時まで一度も話した事が無いってのは…いやしかし…」 彼の視線の先にはソーセージを食べながら騒ぐ一団がいた 彼らは最近この〈瑞鶴〉に乗り込んだスツーカのパイロット達だ この妖精達も元は歴戦のスツーカ乗りだったらしい。要するに彼女らは元ルフトバッフェ…生粋のゲルマン軍人なのだ。 元から瑞鶴に乗り込んでいた飛行隊長をはじめとした妖精達はこの異国のパイロット達と話す事が出来ずに既に数週間がたっていた。 流石にこのままでは行けないと飛行隊長はドイツ語の本を買い、ここ三週間必死に勉強した。そしてついにこの妖精はなんとか片言ながら最低限のドイツ語が操れるまでに成長した 「……よし!…やるぞ、やるぞぉ…!」 彼女は意を決してこの集団へと近づいていった。 飛行隊長が近づくとゲルマン妖精達が一斉に静かになった。視線がなんだこのジャップはという目で見てくる。いや、ドイツ人ならヤーパンか? 飛行隊長は自分の額に大粒の汗が浮かんできている事に気が付いた、この妖精達の視線はいままでくぐってきたどの戦場よりも恐ろしい。これと比べたらまだ敵の戦闘機にケツをとられる方がまだマシだ。 「ぐ、ぐ、ぐーてんたぁく」 飛行隊長は彼女が一番始めに憶えたドイツ語を投げかけた 食堂を沈黙が支配する、視線が、沈黙が痛い。 フォークを置いた妖精達が何事かをブツブツと話し始める。早口の為なんと言ってるかは全くわからない。 スツーカ隊の隊長が持っていたコップの中身を(彼女は濃いめのカルピスを飲んでいた)を一気に飲み干し、いきなり立ち上がった。首につけた鉄十字勲章が揺れる。真ん中にハーケンクロイツが刻印されたそれは黄金の柏や剣が付けられ、さらにダイヤモンドが散りばめられた大変豪華なものだった。 彼女は飛行隊長の方を向くと額と額がくっつきそうな距離まで顔を近づけた。 飛行隊長の鼻元に甘い香りが漂ってくる、どうやらこの妖精は相当甘いモノが好きなようだった。 スツーカ隊長は何も言わずにこの中佐の事を睨み続けた。 飛行隊長はなんだか自分が泣きそうになってる事に気づいた。まずい、泣くな、日本男児だろう、いや今は女の姿だが…

FF14攻略サイト【製作メモ:ウンキウ改級艦尾】

ウンキウ改級艦尾

ウンキウ級艦尾フレームの入手方法はウンキウ級艦尾と交換です。 ウンキウ級艦尾の必要素材はウンキウ級艦尾を参照ください。 ウンキウ改級潜水艦製作関連 ウンキウ改級潜水艦 ウンキウ改級艦体 ウンキウ改級艦尾 ウンキウ改級艦首 ウンキウ改級艦橋 突然、ドイツ妖精達がクククと人の悪そうな笑いをあげた、その波はどんどんと広がりついにこのスツーカ隊長以外全てのドイツ軍人が笑い始めた。 「隊長!もうやめてあげたらどうです?そのヤーパン泣きそうになってますぜ!」 「…へ?」 一人の妖精が流暢な日本語で声をあげた。何が起こってるかわからない飛行隊長は目を白黒させながら周りを見回した。 スツーカ隊長は先程までの厳しい表情を緩めるとニッコリと微笑んで飛行隊長の肩を抱いた 「いやぁすまない。少しからかってしまったよ」 「へ?何で日本語を…」 「そりゃ日本の部隊に配属されたんだからさ。憶えなきゃあいけないだろう?だからここ数週間君たちの会話を聞きながら頑張って勉強したんだから」 「そ、そうなんですか…」 「全く!日本人はシャイだなぁ、話しかけてくれるのをずっと待っていたんだぞ」 「そうそう、このまま意思疎通も出来ずに出撃しちまったらどうしようかと思ってたんだ」 妖精達がガッハッハと笑う。おかしい…ドイツ人が陽気だなんて聞いた事もないぞ…

カンパニークラフト 潜水艦パーツ材料リスト・性能表Part.2【改級】 ...

ウンキウ改級艦尾

パッチ5.05で、 シャーク改級、ウンキウ改級、ホエール改級、シーラカンス改級、シルドラ改級 潜水艦(潜水艦設計図:第6集)が追加されました。 製図には、 ココボロ材18個 、 錬金繊維8個 、 バルサ廃材8個 が必要です。 「まぁ座れ座れ、おい!新しい料理を頼む!酒は…ダメだな、ラムネだ!ラムネを頼む!」 「カルピスも頼む!うちの隊長はフォーフィンガーのカルピスしか飲まないからな!」 「え?え?」 あれよこれよと席に座らされ、次々と目の前に料理が置かれていく。スツーカ隊長は隣に座り、楽しそうに笑いかけた。その目を見た途端、飛行隊長は何も言い返せなくなった。 「まぁとりあえず、出撃まで親交を深めようではないか。極東の侍サン」 この後、飛行隊長は食堂のスピーカーから出撃命令が流れてくるまで、この異国人達のパーティーから抜ける事は出来なかった [newpage] ル級は甲板で空を見つめていた 「……見ツカッタカ」 彼女の視線の先、遥か雲の上では一機の航空機が悠々と空を飛んでいた 「偵察機…ミルトデスナ」 いつの間にか彼女の隣に来ていた副長が返答した、ル級はその姿を一瞥すると、また視線を空に戻した 「連中ノ言葉デハ彩雲ト言ウラシイ」 「サイウン…?ソレハ一体ドウイウ意味ナンデス?」 「ヨイコトガ起コル前触レノ雲ノコトダソウダ」 「ヨイコト?ソリャア傑作デスナ」 言葉とは裏腹に副長はたいして面白くなさそうにそう返した、ル級は何も言わない、空ではやっと直掩機が彩雲に辿りついたところだ。副長はそのまま言葉を続ける 「タダドウモ私ハ、奴ヲ見タ後ニハ不幸シカ起コラナイヨウナ気ガスルンデスガナァ」 その言葉を聞いてル級はクスリと笑った。確かに、あの偵察機を見た次の瞬間、我々の元に来るのは幸せでは無く爆弾や魚雷を抱えた航空機達だ 空では、結局戦闘も行われる事無く彩雲に逃げられたようだ。 「アァ畜生マタ逃ガシタ!セメテ少シハ銃弾ヲ当テテクレタラ鬱憤モ晴レルノニ」 副長はそう吐き捨てると、ヤレヤレと言った感じで艦橋に戻った。 ル級は水平線の彼方に消えようとしている彩雲から目を離すと、メインマストに目を向けた。そこには48個の星が描かれた軍艦旗がはためいている 「全ク、マタジャップノ航空機ヲ怖ガル日ガクルナンテネ…」 ル級は振り返ると、彼女が愛する祖国の行進曲を歌い始めた 『星条旗よ永遠なれ』…彼女はその歌詞を呟きながら思った リメンバーパールハーバー…そしてリメンバー沖ノ島…今日こそは奴らに借りを返さなくては…

Seori Mimeguri 日記「実はL宅を買うより高い!?最強の潜水艦「改」は何ギルで作れるのか? ~サブマリン...

ウンキウ改級艦尾

シーラカンス 改級艦体 3,715,460 ウンキウ改級艦尾 3,829,530 ウンキウ改級艦首 3,511,500 シルドラ 級艦橋 824,820 潜水艦1号機の原価 ¥ 11,881,310 改パーツ強化の原価 ¥ _6,056,490 おかわりいただけただろうか。 Intipesan Learning Centre adalah pusat pelatihan dan pengembangan SDM yang sudah beroperasi sejak tahun 1996 di Jakarta.

FF14攻略サイト【製作メモ:ウンキウ改級潜水艦】

ウンキウ改級艦尾

最新パッチ 漆黒のヴィランズ 追憶の凶星(パッチ5.25)の攻略中です。ff14の各種攻略情報を掲載しています。新生エオルゼアから漆黒のヴィランズのメインクエストや各種id、討伐戦、各種クエストやギャザクラ関連、アイテム関連まで様々な情報を掲載しています。 Dengan semangat dan keseriusan pengelolanya, Intipesan mulai Oktober 2013 memiliki ruang pelatihan sendiri di Gedung Smesco lantai 10, Jalan Gatot Subroto , Jakarta Selatan.

ミーアキャットが取れる潜水艦パーツと素材まとめ FF14ことのはのま...

ウンキウ改級艦尾

最適と考えられる組み合わせはシーラカンス改級艦体・ウンキウ改級艦尾・ウンキウ改級艦首・シーラカンス改級艦橋で、探査195・距離80・速度135を確保することができます。 Para instruktur kami adalah mereka yang sarat pengalaman dan akan memberikan pelatihan dengan cara yang terbaik dan unik.

FF14 潜水艦 パーツごとの合計必要素材数一覧 シルドラ級追加 :...

ウンキウ改級艦尾

飛空艇と同様に、部品を製作する際には3工程ずつ存在し、一部の素材は複数の工程で被っています。各パーツごとに用意しなければいけない素材の合計数を表にまとめました。・ シャーク級・ ウンキウ級・ ホエール級・ シーラカンス級・ シルドラ級 Anda akan menemukan suasana yang nyaman, dan sangat kondusif untuk pelatihan.

【FF14 金策】潜水艦 シーラカンス級(パッチ4.4版) ...

ウンキウ改級艦尾

入手方法カンパニークラフトで製作今回のテーマサブマリンボイジャーで稼ぐ解説パッチ4.4で潜水艦の新たなパーツであるシーラカンス級が追加されました。サブマリンボイジャーでのアイテム集めに役立つと思います。潜水艦 パーツ性能 一覧部位コスト探査 Instruktur kami rata-rata para praktisi dan berpengalaman lebih dari 20 tahun dibidangnya masing - masing.